季節の装い~藍色のおしゃれ着コーディネート

ちもと流コーディネート

藍×白でオシャレ着もさわやかに

目にさわやかな藍色は、新緑の季節によく映えるお色です。
そこで、ちょっとしたおでかけにおすすめの藍色小紋のコーディネートをご紹介しましょう。

白地に更紗文の名古屋帯を合わせてみました。色数を抑えるときちんとした印象になり、外出先の選択も広がります。美術館やギャラリー、ホテルのレストランやカフェなどへのお出かけにいかがでしょう?


konirokomon-cordinate1

こちらは、大きめの柄の名古屋帯を合わせました。1つめのコーディネートで使っている帯とよく似た地色ですが、柄が大きいとずいぶんと雰囲気が変わります。
派手な色を使っていないので、お茶のお稽古や、気心の知れた同士の茶会のような堅苦しくないシーンにお召しいただけます。


2種類の型を市松に配置した凝ったデザイン
藍の濃淡が美しい(反物の説明を入れるべき)

4 Responses to “季節の装い~藍色のおしゃれ着コーディネート”

一期一会

  1. 石井

    帯の種類など分からない事ばかりでしたがお出掛け用など分かりやすくて良いですね。お値段はサイトで公表しないのでしょうか。興味がありますね。

    返信
    • 住友RTK

      石井様 
      コメントをいただき、ありがとうございます!

      帯も種類から覚えようとするとなかなか難しいですが、着用場面やお出かけシーンをイメージするとわかりやすいですヨ。
      また、コーデネート欄に掲載している商品はコーディネート例としてみなさまの参考になればいいかなとの思いでチョイスいたしましたので、金額は提示しませんでした。
      こちらの小紋も帯2点も実店舗にて完売いたしました・・・。

      返信
  2. ビギナー

    写真に彩雪縮緬と見えますが、これは染める前の白い布のことだと思います。高級な生地と(人間国宝の方の作品の説明でみたことがあります。たしか紅型染だったような)ということは素材はシルクですか?
    また、この藍染はどちらのものなのでしょう? 江戸小紋のようにも見えますが、ご当地の阿波藍染ですか?

    返信
    • 住友律子

      ビギナー様
      お問い合わせいただき、ありがとうございます。
      この‘彩雪縮緬(さいせつちりめん)’は、染める前の白い生地の種類(名前)のことで、絹100%日本製です。
      この生地は紬が混紡されたたいへんめずらしい縮緬で、少し張りがあり、さらっとした風合いが特徴です。

      染めは‘ろうけつ型染め’です。細かい柄を合わせるには江戸小紋同様高い技術が必要とされます。
      染料は化学染料ですが、紺色にグリーンを混ぜたような色合いがやわらかで、藍染めや他の植物染めのような
      奥深さがあります。

      質問や疑問・別の角度からの写真希望等ございましたら、遠慮なくお
      申しつけくだいませ。

      返信
お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)