ゆかたで夏カジュアル(竺仙松煙染小紋に麻の八寸帯)

ちもと流コーディネート

夏のカジュアルコーディネート例

梅雨が明けると、あっという間に夏!
ゆかたとしても夏のカジュアルスタイルとしても着ていただける大人のコーディネートをご紹介します。


花火大会や夏祭りなど、ゆかたを着る機会はひと夏にせいぜい1回か2回。夏は気軽に着物を愉める絶好のチャンス!もっとたくさんゆかたを着てみませんか?
今回ご紹介するコーディネートは、ランチやお茶など気軽なお出かけにも着ていただけるゆかた以上の装いになります。白場が多かったり、夏のモチーフが大きくデザインされたタイプのゆかたを昼間から着るのは少し抵抗がありますね・・・。ゆかたにもいろんなタイプがあります。それぞれのシーンに合ったスタイルで夏を満喫していただきたいものです。

夏の装いで大事なのはなんといっても≪涼しげ≫であること!帯は同系色のものを合わせて全体的に色数を抑え、バッグや小物はすっきりシャープな印象のものをえらぶと、ずいぶんと涼しさが感じられます。


竺仙の松煙染小紋(夏のおしゃれ着コーディネート例)

流水や秋の草花で涼を演出。
‘季節感’と‘粋な心’大事にしたいですね。
白地でなくても十分涼しさが感じられます。


平田ひも謹製 夏用正絹帯締め

夏でも帯締め選びは重要です。涼しげかつ個性的な色を選ぶと、全体を引き締める効果があります。
レースのような繊細で美しいデザインのこちらの帯締めは、平田組紐のもの。


スタイリッシュな竹バッグ

こちらの竹バッグは涼しげで収納力もあります。和洋兼用で、中の巾着をその日の気分で替えて楽しめます。

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)