淡い色でまとめ、涼しげなゆかたの着こなし

ちもと流コーディネート

上品な水色絞りのゆかたのコーディネート

ゆかたも素材や色柄によってずいぶん印象が変わります。
出かけるシーンをイメージして、自分らしいコーディネートを楽しみましょう。
ここでは、上品で涼しげな水色地の絞り染めの浴衣のコーディネートをご紹介します。


上品な水色地の絞り染め浴衣のコーディネート例

寒色の淡い色合いのゆかたはそれだけでも充分涼しげですが、これに淡い色合いの八寸名古屋帯を合わせ、さらに涼感をアップさせてみました。
淡い色合いは軽やかな印象を与え、薄物はさらに薄く感じることから涼しげに見える効果があります。ただ、着物も帯も、まったく同じような寒色の色合いでそろえてしまうとさびしげになりがち。そこで、生成りとピンク系の藤色の麻の帯を合わせ、優しさを添えました。
このように同じトーンで異なる色相の色を合わせることを「トーン・イン・トーン」といいます。着物のコーディネートとしては、まとまり過ぎてしまい難しい色合わせですが、涼しさを感じさせるテクニックとして使うとなかなか効果的です。

夏のおしゃれ着として、ゆかたを昼間から着ることについては賛否両論ありますが、猛暑、しかも節電の夏なのです。和服も「クールビズ」しなければ、とてもとても無理。
気のおけない友人や趣味の集まり、街歩きなどに、昼間からお召しになれるコーディネートとして考えてみたものです。
ただし、ゆかたの下には肌襦袢などの下着を付けてください。
足許は素足または足袋に下駄でかまいません。素足でお出かけのときはバッグに足袋を潜ませておき、下駄を脱いで上がるような場面でさっと足袋を付けると《ゆかた美人度》が上がります。
なお、ゆかたに下駄では入れない場所もあります。一般論ですが「ジーンズ・Tシャツ・サンダル禁止」とされている場でのゆかた着用は避けたほうがよいかもしれません。


同系色の組み合わせ

ゆかたは、絞りの名門 藤娘きぬたやの逸品です。
流れるような優美なデザインを高度な職人技で表現しています。
帯は七野・宮岸織物の麻の八寸名古屋帯です。
すっきりとしたデザインなのでコーディネートがしやすい便利な帯です。

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)