モダンな黒の夏帯のコーディネート

ちもと流コーディネート

白地のゆかたにシックな帯を合わせて

黒・パープル・グリーンのモダンな配色がスタイリッシュな夏の麻八寸帯。これからの時期にちょうど良い逸品です。
一見着こなしがむずかしそうな帯ですが、「気軽に着こなせる『ちもと流コーディネート』」を考えてみました。


近頃ではワードローブの奥に追いやられてしまいがちな白地に藍色柄のゆかたに合わせたのがこちらです。
ひと昔前なら、このようなオーソドックスなゆかたには赤や黄色の半幅帯を合わせましたが、やや古い印象はぬぐえません。 かと言って、流行のパステルカラーやネオンカラーなどを持ってくると、ちぐはぐな感じになってしまいます。結局いつもの帯合わせを選んでしまう・・・。

そんなごくふつうの着こなしに落ち着きがちなオーソドックスなゆかたに、黒地に縞の麻八寸帯を合わせると、 ゆかたにはモダンなテイストが加わり、大胆な色柄の帯にはしっとりとした趣が加わり、大人の粋な着こなしとしてまとめることができます。


白地のゆかたの帯合わせ

黒地の帯は粋だから現代風のゆかたが合いそう、と思いがちですが、白地のゆかたに合わせることでスタイリッシュだけどがんばり過ぎない装いになりました。
お太鼓部分は縦ストライプになり、体の前側の帯は横ストライプになります。


白地のゆかたの帯合わせ

和のお稽古には、ゆかた+軽めの八寸帯(長襦袢なし)で通う方も少なくないようです。
大人の女性としては、ゆかた+半幅帯では軽すぎてしまいますので、麻の八寸帯はちょうど良いアイテムなのです。

帯締めには帯に馴染む色を使っていますが、粋さを抑え、上品にまとめたいときはアイボリーの帯締めなどを合わせるとよいでしょう。


白地のゆかたに合うバッグ

花火大会やお祭りなどには巾着やゆかた用バッグを、お稽古やちょっとしたお出かけには、和洋兼用のかごバッグや竹のバッグがおすすめです。

あずま袋や風呂敷バッグのような布のバッグもゆかたの雰囲気に合いそうです。

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)