付け下げのフォーマルコーディネート例

ちもと流コーディネート

新年にふさわしいコーディネート

柄付けが豪華すぎない付け下げは、着まわし力抜群な便利なお着物です。
そこで今回は、モダンな配色の袋帯を合わせて、幅広いフォーマルシーンに対応できるコーディネートをご紹介いたします。


色柄やデザインに凝った華やかな付け下げは、格のある袋帯を合わせることによって訪問着に準ずるものとしてお召し頂けます。
柄の分量が少ない付け下げをフォーマル着としてお召しになる場合は、ある程度華やかな色柄の袋帯を合わせると良いでしょう。


付下げのフォーマルコーディネート例

帯は、その独特な意匠と色彩で有名な工芸帯地 洛風林が手がけたフォーマル向け袋帯です。
有職文様の松菱を洗練された雰囲気に仕上げたのは、さすが洛風林です。
着物の地色のブルーと帯の中のブルー、帯揚げのクリーム色と帯の中のクリーム色をリンクさせたことによって、コーディネート全体に統一感が生まれました。

帯締めは、着物コーディネートの仕上げとしてとても大切なアイテムです。
今回は着物の中のえんじ色より少し明るい色をチョイスし、全体を引き締めました。


付下げのフォーマルコーディネート例

お着物の地色はほんのりグレーがかった落ち着いた水色、雪輪の中に描かれた文様も比較的シックなお色ですが、独特な存在感のある付け下げです。小さな雪輪に日本の美しい四季をぎゅっと閉じ込めたなんとも贅沢なお着物です。


利休バッグ

着物バッグの中でも、控え目で上品な印象のあるのが利休バッグです。
初釜や格式のある劇場での観劇(演目や座席にも寄りますが)など、他の方との調和を大切にしたいシーンには、このような利休バッグをおすすめします。


パーティーバッグ(ループ織り)

結婚式や華やかなパーティーには、このようなパーティーバッグがおすすめ。
繊細で美しい金具と上質な織布地がとてもエレガントです。
必要なモノがちゃんと入るサイズもうれしいですね!

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)