付け下げのフォーマルコーディネート例

ちもと流コーディネート

ピンクの付け下げコーディネート

柄は控えめでも各種お祝いごとにふさわしい気品をそなえている付け下げは、気負わずに着こなしていただけるお着物です。
ここでは、春にふさわしい【ピンクの付け下げのコーディネート例】をご紹介いたします。


季節を問わないお柄ですが、淡いピンク地のお着物はやはり春気分を盛り上げてくれます。
白地にカラフルな松菱を織り出した袋帯を合わせると、全体が軽やかな雰囲気になりました。
派手すぎず控えめに、崩さず格調のある装いですので、卒業式や入学式などの子供が主役のお祝いシーンにピッタリです。


ピンクの付け下げコーディネート例

帯は、その独特な意匠と色彩で有名な工芸帯地 洛風林が手がけたフォーマル向け袋帯です。
有職文様の松菱を洗練された雰囲気に仕上げたのは、さすが洛風林です。

着物のコーディネートの決め手となるのが、帯締め。
フォーマルだからといって、帯締めは白・金・銀だけとは限りません。
今回のお帯締めは、深緋(こきひ)色。若さとかわいらしさがあり引締め効果もあるお色です。デザインも凝っていて、とても存在感があります。


rikyubag-marumon

着物の時に持つバッグは、雰囲気の合ったものなら和洋兼用のものでも大丈夫。
着物に合った大きさと色のものを選びましょう。

和装バッグならこんなバッグがおすすめです。
おしゃれ着向けの趣味性の強いものやパーティー向けの華やかなものは避けましょう。


レースのような鼻緒が特徴の草履

足元は、白または白をベースに金・銀のラインが入ったものなどシンプルなタイプのものがおすすめです。
こちらのように、鼻緒のデザインがさりげなく凝ったものでも、お色や全体の雰囲気がやわらかで優美なものなら大丈夫でしょう。

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)