昔ながらの浴衣のコーディネート例~白紺浴衣にピンクの麻半幅帯~

ちもと流コーディネート

白地コーマ浴衣に麻ピンクの半幅帯

浴衣がブームと言われて数年、一方で「もう何年も着ていないわ~」とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。
そこでよく耳にするのが
「手持ちの浴衣は昔ながらの浴衣、今の浴衣に比べてなんだか地味・・・」
というお声。
そこで今回は昔ながらの浴衣をこんな感じでコーディネートしてみました。


◆白地に紺色のヒマワリ(綿コーマ)
◆朝顔のようなやや紫がかった鮮やかなピンク色の本麻半幅帯
◆ハンドメイド巻き玉の帯飾り
◆リバティーの巾着バッグ

たしかに、地味か派手かと聞かれたら昔ながらの浴衣は地味なものが多いかもしれませんが、
きっと、柄ゆきが涼しげで生地も良質、お仕立てのきちんとした‘良い浴衣’です。

ただ、昔ながらの浴衣に今流行の何かを無理やり合わせようとするとアンバランスな雰囲気になってしまいますのでコーディネートは意外と難しいかもしれません。
だからと言ってたんすの肥やしにしておくのはもったいない!です。
ぜひ≪あれこれ工夫、いろいろチャレンジ≫してみて下さいネ。

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)