帯が主役のコーディネート~洛風林の名古屋帯【花壇】~

ちもと流コーディネート

からし色江戸小紋に深緑名古屋帯 アイキャッチ

その色使いやデザインが独特な世界観を醸し出している【洛風林】の帯。
今回は、その洛風林の名古屋帯を使った【帯が主役のコーディネート例】をご紹介いたします。


普段着では味気ないけど、かしこまった装いは大げさ・・・
そんな時、着るモノにけっこう悩みませんか?
フォーマルなら≪この着物にこの帯≫とおおよそ組み合わせが決まってくるのですが、
カジュアル以上フォーマル・セミフォーマル未満の装いは悩ましい・・・ 自由だからゆえに個人の感覚やセンスが問われる(ような気がする)のです。

例えば、
◆友人が開く個展を観に
◆気軽な大寄せの茶会へ
◆伝統芸能の鑑賞会や公演へ
◆何ヶ月も前から予約をしていた料亭へお食事に
など、
ドレスコードがあるわけではないけれど気後れするのもイヤ・・・
そんな時はやはり、そこそこきちんと感のある装いをするのが安心です。


からし色江戸小紋に深緑名古屋帯アップ

こちらの【花壇】と名が付けられた帯、インパクトがありますネ。
モダンなようで懐かしい、凛とした味わい深いデザインです。
このようなお柄は季節を問わないので大変便利です。
また、お出掛け先が、
和風(日本料理屋さん、華道展、歌舞伎、能など)
洋風(レストラン、アートフラワー展、美術館、デパート、ホテルなど)どちらにもなじみます!

和洋ミックス(歌舞伎鑑賞の前にカフェでお茶、アートフラワー展の後にデパートへ など)でも浮きにくいですね。


今回この帯に合わせた着物は、江戸小紋です。
江戸小紋以外でも、無地風の着物や抽象柄の着物でしたらバランス良くコーディネートが仕上がりますね。
帯締めは帯の中の色を選ぶとまとまりますが、紫や茶では少々地味ですので今回は柿色を合わせました。

からし色江戸小紋に深緑名古屋帯タレ先
お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)