袋帯のタイプによって用途もさまざま

きもの事典

袋帯いろいろ

袋帯はフォーマル用だから格やきまりごとがあってなんだかむずかしそう・・・名古屋帯とはどこが違うの?・・・と疑問に思われていませんか?ちょっと敷居が高そうな袋帯のことを少しお話しします。


袋帯は、丸帯(一枚の広幅の生地を折って縫い合わせた、重たくて高価な礼装用の帯)の代わりに作られた帯です。表生地と裏生地2枚を縫い合わせ、袋状になった部分に芯を入れて仕立てあげます。サイズは帯によって微妙に異なりますが、幅は約31cm長さは約420cmです。フォーマルまたはセミフォーマルな 装いに用いられることが多いのですが、最近は柄や織りがしゃれたものも多く見られるようになりました。
袋帯の用途をおおまかに分けると、礼装用・正装用・振袖用・おしゃれ用に分けられます。ただし、明確なルールはありませんので帯の柄付けや織り、着物の合わせ方次第ということです。それだけ活躍範囲が広い帯といえます。きものの素材やデザイン・格とのバランスやお出かけ先の雰囲気に合わせて、コーディネートを愉しんでいただけたらと思います。
では、実際に帯を見ながらその用途を考えていきましょう。

フォーマルな装いにふさわしい袋帯

《礼装用の帯》こちらは佐賀錦の帯です。箔や金糸銀糸をふんだんに使ったり吉祥文様の重厚のある袋帯は、留袖・訪問着・付けさげに合わせて、結婚式やパーティーなどの華やかなシーンにお出かけいただけます。


大きめで若々しい柄の振袖向き

《振袖用の帯》こちらは唐織の帯です。大きめの柄が明るいお色で織り出され、華やかでボリュームがあります。


紬や小紋などのおしゃれ着に

《おしゃれ用の帯》こちらはしゃれ袋帯です。紬や小紋などのおしゃれ着に合わせる袋帯で、帯にもよりますが、柄がモダンで個性的なものや金糸銀糸を使用していないもの、紬地のものなどがこれにあてはまります。同窓会や出版記念パーティー・観劇・レストランでの食事会など、おしゃれ着をドレスアップして装いたい時にぴったりです。


上品な紬の袋帯は用途が広くで便利

こちらは紬地の袋帯です。すっきりとして上品な雰囲気のあるこのようなタイプの帯は合わせるきものによって活躍シーンが変わります。色無地や柄が控えめな小紋に合わせると、お茶のお稽古や堅苦しくないお茶会にも大丈夫、浮くこともなく場になじみます。紬の訪問着に合わせると、パーティーや食事会、同窓会などの華やかなシーンにお出かけいただけます。


袋帯の基本結びは二重太鼓です。名古屋帯はお太鼓部分が一重なのですが、袋帯は名古屋帯よりも長いのでお太鼓部分を二重にします。 「名古屋帯でお太鼓結びはできるけど、袋帯は結べない・・・」原因はやはりその長さと重さ。帯が緩んできたり、お太鼓の二重がずれたりすることもあるでしょう。ちょっとしたコツでずいぶん楽に結べるようになることもあります。そんなコツについてはまた、《web版着付け教室》にてご紹介します。

One Response to “袋帯いろいろ”

一期一会

  1. QTLFMKWTSGMMH

    I would like to thank you for the efforts you’ve put in writing this web site. I’m hoping the same high-grade site post from you in the upcoming as well. In fact your creative writing abilities has inspired me to get my own web site now. Actually the blogging is spreading its wings fast. Your write up is a good example of it.

    返信
お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)