きもの事典

七五三

11月の年中行事といえば、七五三。子供の健やかな成長を願い、11月15日(又は15日前後の都合の良い日)に神社等でお祓い・祈祷して頂きます。
地方によって祝う年齢や内容は異なりますが、3歳・5歳・7歳いずれも数えの年にお祝いすることが多いようです。


お宮参りの時に着た産着は仕立て直すことによって3歳または5歳のお祝い着として着ることができます。七五三は、子供の成長とともに日本のきもののすばらしさも実感できる行事。この日本の大切な伝統文化をこれからも長く引き継いでいきたいものです。


3歳女の子の被布

七五三のきものは男女とも‘肩上げ’がほどこされているのが特長です。
3歳(女の子)のお祝い着は、着物の上に袖なし・襟付きの‘被布’を着用することが多いです。3歳用の帯もありますが、帯を付けるにはまだ体が小さいことと、疲れて保護者の方がだっこしてあげることも考えられるので、被布の方が楽で便利です)
千歳飴の袋が大きくみえるくらい小さなお姫様が手を引かれて歩く姿は、とても愛らしく微笑ましいですね。


5歳のお祝い着

5歳(または3歳、男の子)のお祝い着は、着物・袴・羽織に懐剣・末広・お守りなどの小物を身につけます。
着物や羽織の柄には、打出の小槌や丁子などの吉祥文様、松や波などの自然・植物文様、鷹や亀などの動物文様などがあり、選ぶ柄や色によって着た時の印象はずいぶん違います。お子様の雰囲気にあったものや好みのものをじっくりと選びましょう。


7歳のお祝い着

7歳(女の子)のお祝い着は、着物・帯にはこせこ・末広・しごきを合わせます。はこせこは、良家の子女が持つ箱型の小物入れ(ポーチのようなもの)で、中には懐紙やお化粧道具を入れていたようです。7歳はおしゃれに気を使い始める年頃、ということでしょうか?かわいいですね。しごきは、長い着物の裾をたくし上げる時に使用した名残で、帯下線辺りに巻いて後ろで結んでおきます。


7歳の小物 子供の草履とバッグ

草履で歩くのに慣れていないので、神社までは履きなれた靴かサンダルを履いていくと良いでしょう。足元が見えにくいので、石段の上り下りには気を付けてあげて下さいね。


七五三参りでにぎわう天神さん

ちもとから歩いて5分にある天神さん。
11月の土日は七五三参りの家族でにぎわいます。
お母さまの着物の装いは、訪問着か付けさげが多いようです。

One Response to “七五三”

一期一会

  1. GQPLEGUFDIVXNHDUY

    Good post. I be taught one thing tougher on completely different blogs everyday. It will all the time be stimulating to read content from other writers and follow a little one thing from their store. Ichoose to make use of some with the content material on my blog whether you don’t mind. Natually I’ll give you a hyperlink in your net blog. Thanks for sharing.

    返信
お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)