十三参りコーディネート

きもの事典

十三参り

十三参りは、数え年13歳を迎えた男女が、これまで健やかに成長できたことへの感謝とこれからの益々の知恵と福徳を授かるために虚空蔵菩薩(十三番目に誕生した知恵と福徳を司る菩薩)に参拝する年中行事です。


参拝の帰路、本殿を出たあと、後ろを振り返るとせっかく授かった知恵を返さなければならないという伝承があり、京都嵐山の法輪寺で参拝した場合、決して後ろを振り返らずに渡月橋を渡りきるように親御さんはお子さんにしっかりと言い聞かせるそうです。


京都嵐山 法輪寺                 東京浅草 浅草寺

法輪寺 浅草寺

関西では七五三よりも盛んに行われているという十三参りですが、最近は関東でも徐々に広まりしつつあるようです。
法輪寺・浅草寺での参拝期間は、旧暦の3月13日(新暦の4月13日)を中日とした3月13日~5月13日。


十三参り 法輪寺

十三参りには、初めて大人の寸法(本断ち)の肩上げをした着物を着ます。
振袖・小紋などに大人と同じ袋帯を変わり結びをしてあげましょう。
お宮参り→七五三→十三参りと、子供としてのお祝いごとは十三参りでおしまいです。
子供と大人の中間のこの年頃は、着物姿にも初々しさがあってとてもかわいいいですね。


お母様の昔のお着物と帯を着せてあげる場合は、今の時代に合ったコーディネートを心がけましょう。
帯揚げや帯締めなどの小物や髪飾り・ヘアスタイルで全体の印象は随分違ってきます。
お子様の雰囲気に合ったモノを選んであげて下さいネ。


十三参り・小物

総絞りの帯揚げならボリュームがあり豪華さがあります。
着物とのバランスを考えて見せ方を調節しましょう。


十三参りバッグ

バッグは、コーディネートに馴染む小ぶりモノなら和洋に関わらずお好きなモノを合わせて下さい。


ヘアアップスタイル

こんなおだんごヘアなら家でもできて楽ちん!おすすめです。
短ければサイドアップで髪飾りをつけるだけでも十分かわいいです!

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)