タッサーシルクの半幅帯

きもの事典

半幅帯いろいろ

‘半幅帯はゆかたに合わせるもの’という印象が強いのですが、色・柄・生地によってはゆかた以外に合わせられるタイプのものもたくさんあります。帯の結び方や結び心地がお太鼓よりも楽で見た目もラフな印象ですので、ウチ着やご近所ウェアまたはカジュアルなシーンへのお出かけ向きです。
女袴をはく時に使用するのも半幅帯で、一文字結びをした上に袴の後ろ部分をのせます。
幅は約15~16cm、長さは約360~380cm(もっと長いものもあります)。


半幅帯といっても種類はさまざま。着物を日常的に愉しむ方々の中には、お気に入りのファブリックでオリジナルの半幅をお作りになっている方もいらっしゃるようです。帯の雰囲気や格が着物と合っていれば、比較的自由に愉しめるのが半幅帯の良いところだといえます!


本場筑前博多織の単衣半幅帯(赤地に緑の市松)

こちらは、博多織のゆかた帯です。薄くて張りがあり締めやすくて緩みにくいのが特徴です。無地や伝統的な献上柄の他、こちらのような凝ったデザインのモノもあります。


ブルーにピンクのラインの半幅帯

こちらは、ゆかたはもちろん、木綿・綿麻・紬・上布などにも合わせられる麻100%の半幅帯です。ボリュームがあり生地もしっかりしているので、ゆかたでもオーソドックスなコーマ地のゆかたから、絞り染め・綿麻・綿紅梅・絹紅梅などハイクラスなゆかたまで合わせられます。


紬地の半幅帯

紬の半幅帯は、木綿やウール、紬や小紋などのカジュアルな着物に合わせます。特にお出かけの予定がない日にはお太鼓結びよりも半幅帯が断然楽チン!また、車や公共交通手段で長時間移動するにも半幅帯の方が楽です。そんな時には、こちらのような紬地の半幅帯がきちんと感があっておすすめです。


タッサーシルクの半幅帯

タッサーシルクの半幅帯です。家で居るだけにはもったいない、ハイクラスの美しい半幅です。紬や小紋に合わせて、ちょっとしたパーティーや趣味の集まりなどに、八寸・名古屋帯がわりに着用いただくのにおすすめです。


hanhabaobi-shibutu

袋状に織ってある、リバーシブルの半幅帯です。絹素材で金糸銀糸使いですが、大げさではありません。ホームパーティーや親しい方々との集まりなどにおすすめです。

お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)