ねん金袋帯グリーン

きもの事典

徳川家伝来の裂【ねん金】

見る角度・光の当たる角度によって繊細な輝きを放つ【ねん金綴錦袋帯】は、弊店で人気の帯のひとつです。
ここでは、この【ねん金】について少しお書きしたいと思います。


【ねん金】とは、尾張徳川家に伝来し現在徳川美術館が保管している多数の「裂」のひとつで、 茶入れの仕覆や表装に使用されたものは「名物裂」と呼ばれています。
【ねん金】は撚り金糸を用いた裂の総称で、そのなかでも【無地ねん金】はざっぐりとして立体感があり奥行きと深みが滲み出ていているのが特長、伝世品の少ない珍品だそうです。


そんな【無地ねん金裂】の復元を徳川美術館より依頼されたのが、正倉院の織物研究や糸の植物染めに精力的に取り組んでいた桝屋高尾の当主・高尾弘氏です。

【無地ねん金裂】の復元に成功した弘氏は、その後それを【彩ねん金】【ねん金綴錦】という帯地に発展・考案され、今わたくしたちはそれを身に纏う幸せを手にしているのです。
(‘用の美’・・・美しい裂は使ってこそ、その価値は高まるのですね。)


ねん金箱書き

細さが不均一な真綿糸に金箔を巻きつけていくと、自ずと仕上がりがランダムになります。 (糸の細い部分には金箔がしっかり巻かれ、太い部分には隙間ができ糸の色が表にあらわれる) したがって、光の吸収又は反射が複雑になります。
そんなねん金の糸から織り上がった帯は、まるで、≪どこまでも続く光の砂≫のよう。放つ光はとても穏やかで上品で、いろんな着物に合わせられる逸品となっております。


無地感覚の袋帯【横段霞】と帯地のバッグ。
どちらも存在感があるのに主張しすぎないので、お着物に合わせやすいのがうれしいですね。

ねん金袋帯オレンジ bag-nenkin

桝屋高尾さんHPよりお借りした写真です。
確かな織りの技術と美意識は、打掛、几帳、帯、タペストリー、額面などに表現され、作品展はいずれも好評を博してきました。

ねん金綴錦 宗達松鶴図 ねん金綴錦 梅花祭
お気軽にお声をかけてください。アドレスは公開されません。
  • (公開されません)