鮮やかなグリーンの帯締めは五嶋組紐です。 色違いで揃えたくなる発色の良さと締め心地の良さはさすが。

五嶋紐(ごとうひも)は無形文化財 故五嶋敏太郎氏が作り上げた技法で組まれたもので、皇室に献上された草履の鼻緒に用いられた最初の組紐です。 手組みで組まれ、締めればギュット締まり、動きに応じて伸び縮みする心地よい締め心地が身上。端の始末は撚り房(糸の先をループ状に処理してあります。撚返し房ともいいます)ですので、ほつれにくく長くお使いいただけます。

環境により、商品の色が実際とは異なって見える場合があります。
画像にカーソルをのせるとルーペが使えます(表示まで少し時間がかかります)。画像をクリックすると商品全体をご覧になれます。

深緑の五嶋の帯締めの詳細

おもな素材
シルク
サイズ
約165cm
価格(消費税別)
12,700円
おもな生産地
 
作家・製作
 
地色
常緑樹の葉のような深みのある緑
備考
房の長さは 約4cm。長尺をお求めの方はお問い合わせください。