渋くて粋な紬が多いなかで、きれいでやわらかな色が特徴の紅花紬。日常着としてもちょっとしたお出かけ着としても愉しめる、着まわし力の高い品です。

黄・青・紅・紫の色糸がグレーの地色にやわらかさをプラス。甘さを抑えた紅花紬ですが発色の良さはそのままです。
無地感覚のきものなので、個性的な色やはっきりとした柄の帯がよく映えます。
また、合わせる帯の種類によってさまざまなシーンに着回しができてとても便利です。
たとえば、食事会や講演会、趣味の集まり、美術館巡りなどには染め名古屋帯を、同窓会やかしこまらないパーティーなどにはしゃれ袋帯を合わせてみてはいかがでしょうか?


オレンジ系のピンク、きれいなレモン色の色違いもあります。
お気に入りの帯の合わせて選ぶのもよし、ふだんは着ない色合いに挑戦してみるのも素敵です。

米沢の紅花紬

環境により、商品の色が実際とは異なって見える場合があります。
画像にカーソルをのせるとルーペが使えます(表示まで少し時間がかかります)。画像をクリックすると商品全体をご覧になれます。

紅花紬(グレー)の詳細

おもな素材
絹100%
サイズ
着尺
価格(消費税別)
50,000円
おもな生産地
山形県長井市 
作家・製作
渡源織物 
地色
柄の色1
柄の色2
柄の色3
備考
米沢、白鷹と並ぶ山形紬の三大産地、置賜地域でもある長井市の渡源織物のカジュアル紬です。山形の誇る「最上紅花」で染め上げられたやさしい色合いが魅力。機械織り。