これから活躍する単衣によく合う名古屋帯は、京都西陣の老舗・帯屋捨松の品です。

着物や帯の柄はもちろん、洋服の生地やスカーフなどのアクセサリの柄としても人気の高い更紗柄。
日本へは、室町時代にインド、ペルシャ、ジャワなどの更紗が南蛮船で多く渡来するようになり、たちまち人気を得るようになったそうです。
その異国情緒をかもし出す柄は、とくに茶人に好まれて広まり、各地の藩主は南蛮渡りの更紗を収集し、デザインの研究に取り組んだようです。東京国立博物館収蔵の「彦根更紗」は、彦根藩主井伊家が収集した更紗の見本帳で、こうした見本をもとに各地で独自の和更紗が作られ、今に伝えられています。
この帯のダイヤ型モチーフは、江戸時代に発刊された『佐羅紗便覧』『更紗図譜』などにも掲載されていて、おそらく日本で発達した和更紗のひとつでしょう。
個性の強いブルーを渋い色合いの更紗柄がほどよく中和しています。

ブルー地近東更紗段の名古屋帯 前
ブルー近東更紗段の名古屋帯

環境により、商品の色が実際とは異なって見える場合があります。
画像にカーソルをのせるとルーペが使えます(表示まで少し時間がかかります)。画像をクリックすると商品全体をご覧になれます。

近東更紗段の名古屋帯の詳細

おもな素材
絹100%
サイズ
名古屋帯地
価格(消費税別)
199,500円
おもな生産地
京都・西陣 
作家・製作
帯屋捨松 
地色
柄の色1
柄の色2
柄の色3
備考
ブルー地近東更紗段の名古屋帯 目の覚めるようなブルーは藍色と瑠璃紺色をあわせたような深い味わいがあります。