ワイルドシルクのラフな風合いを生かした手織り紬の八寸帯地の色違いです

野生の蚕の繭から紡いだ糸を、ヘブンリーブルー(朝顔の青)と呼ばれる鮮やかな青で染めて織っています。
カジュアルな雰囲気のある帯ですから紬の着物などに合わせ、遊び心たっぷりに着こなしてください。

手織り紬の八寸帯(青)

環境により、商品の色が実際とは異なって見える場合があります。
画像にカーソルをのせるとルーペが使えます(表示まで少し時間がかかります)。画像をクリックすると商品全体をご覧になれます。

手織り紬(タッサーシルク)の八寸帯の詳細

おもな素材
絹(タッサーシルク・カティア糸)100%
サイズ
幅約31cm x 長さ約550cm
価格(消費税別)
68,000円
おもな生産地
インド(タッサーシルク) 
作家・製作
(株)貴久樹  
地色
柄の色1
備考
野生の蚕の繭から紡いだシルクを手染め・手織りで仕上げているため、染めむらがあります。インド政府の品質保証(シルクマーク)有。十分な長さがございますので体形を気にせずお締めいただけます。