黄葉を思わせる秋色の帯は、手織り紬の風合いが魅力の八寸帯です。
タッサーシルクと呼ばれるインド熱帯雨林で育った野生の蚕がつむいだナチュラル素材で織られています。

野趣あふれるタッサーシルクを色と風合いを生かし、漂白せずに山吹色で染めてから手織りで仕上げられた帯地を、すぐにお使いいただけるように仕立て済みでお届けします。
野蚕のシルクは通気性と吸水性が特徴です。また、シワになりにくく、汚れが目立ちにくいのも利点。その、着心地のよさと使い勝手をぜひお試しください。


手織紬の八寸帯(山吹色)・貴久樹
手織紬の八寸帯(山吹色)・貴久樹

手織紬の八寸帯(山吹色)・貴久樹
手織紬の八寸帯(山吹色)・帯地アップ

環境により、商品の色が実際とは異なって見える場合があります。
画像にカーソルをのせるとルーペが使えます(表示まで少し時間がかかります)。画像をクリックすると商品全体をご覧になれます。

手織り紬の八寸帯(山吹色・仕立て済)の詳細

おもな素材
絹(タッサーシルク・カティア糸)100%
サイズ
幅約31cm 長さ約404cm
価格(消費税別)
74,000円
おもな生産地
インド(タッサーシルク) 
作家・製作
(株)貴久樹 
地色
イチョウの落ち葉絨毯のような茶色混じりの山吹色
柄の色1
備考
薄茶、黄緑、ピンク、青のお色違いもございます。