和洋兼用、男女兼用でお使いいただける柿渋トートバッグです。 落ち着きのあるダークブラウンはどんな装いにもしっくりとなじみ、ひとつ用意しておくと活躍の場が多く便利です。

柿渋は、青柿を砕いて絞った汁を発酵・熟成させた日本古来の天然染料です。 防水・防腐効果があるため、木工品や紙製品(型染めの紙など)の下塗りなどに古くから使われてきました。
丈夫な帆布を染めた本体は適度な張りがあり、型崩れしません。 また、使い込むほど風合いと色合いに深みが増すのも、柿渋染めならでは魅力です。
小さめの内ポケットが2つとファスナー付き内ポケットが1つ。持ち手は手になじみやすいソフトレザーです。
なお、濡らしたり、強く擦ったりするとシミや色落ちの原因になりますのでご注意下さい。

柿渋バッグ 持ち手
柿渋バッグ 内ポケット

柿渋バッグ ファスナー付き内ポケット
柿渋バッグ マグネットホック

柿渋バッグ 和装バッグとして
柿渋バッグ 洋装バッグとして

環境により、商品の色が実際とは異なって見える場合があります。
画像にカーソルをのせるとルーペが使えます(表示まで少し時間がかかります)。画像をクリックすると商品全体をご覧になれます。

柿渋トートバッグの詳細

おもな素材
綿帆布(本体)、革(持ち手)
サイズ
上辺約38cm、下辺約35cm、高さ約35cm(持ち手約13cmを含む)、幅約5cm
価格(消費税別)
24,000円
おもな生産地
日本・京都 
作家・製作
 
地色
こげ茶、ダークチョコレートのような深いブラウン
柄の色1
備考